足立区で高額でバイクを買取してもらうためのコツ

バイク17

自宅の車庫に眠っていたり、新しく買い換える目的で所有しているバイクを処分したりする場合には買取業者の利用がおすすめになります。とはいえ、一口に業者と言っても査定の基準も違えば買取の金額も異なるので注意が必要です。

そこで今回は、足立区におけるバイクの買取で、高額の査定に繋がりやすいポイントについて詳しく紹介します。

複数の業者から見積もりを取る

バイクを少しでも高い値段で買い取ってもらうための大事なポイントの一つが複数の業者を利用した査定です。これは、バイクの買取に限ったことではありませんが、買取における査定の基準はそれぞれの業者によって異なります。

実際に、同じ商品を複数の業者に査定をしてもらった所、見積もりの金額に大きな開きがあったというケースは少なくありません。特に、バイクのように元々の値段が高い商品はそれに比例して買取の値段も高くなるので、数万円から数十万円違いが出ることもあります。

そのため、足立区でバイクを売る時は可能な限り多くの業者に依頼をすることが大切です。また、この複数の業者への見積もりの依頼は、業者が提示した査定額に納得がいかなかった時に別の業者ではこの金額だったという交渉の目安にもすることができます。

自分のバイクの買取相場を把握する

買取を専門としている業者は、顧客から買取をした商品を転売する形で利益を得ています。こうした理由から、業者はできる限り差額を大きくして利益を得るために、査定の金額を実際の相場よりも安く提示するというケースも少なくありません。

利用者の中には、何も知らないことで中古のバイクだしプロが査定しているのだから間違いはないだろうと疑問を感じることなく納得してしまうケースも多くあります。このような業者の言い値での金額で買取をして損をしないようにするためにも、事前に相場をチェックしておくことが大切です。

相場のチェックは、排気量や年式に関わらず調べることができるインターネットの比較サイトがおすすめになります。その他にも、ネットオークションやフリマサイトでも調べることはできますが、これらは買い手のニーズに合わせて安い金額に設定されていることもあるので注意が必要です。

すぐにでも売りたいという気持ちを見せる

足立区で買取を依頼する場合に忘れてはいけないのが業者に対しての意思表示です。買取業者に査定を依頼する人の中には、その時点で売却の意思がなく単に相場を知りたかったから頼む人もいます。バイクは消耗品である以上、買取を先延ばしにするほど、走行距離の増加を含めた状態の悪化は避けられません。

顧客に買取の意思がないと判断した場合、当然業者はそれを見越した上での金額を提示します。そのため、まず最初に売却の意思があることをしっかりと伝えることが大切です。この時に言葉だけでなく、買取の手続きに必要となる書類などもしっかりと準備をしておくとより明確な意思表示ができます。

また、過去に事故を起こしたり傷や凹みの修復をしていたりする時は、嘘をつかずに正直に伝えることも忘れてはいけません。

査定を行う上でのチェックポイント

バイクの査定には、金額を左右するいくつかのチェックポイントがあって、その一つがエンジンの状態です。エンジンはバイクを安全に走行させるために必要不可欠なパーツになります。音や調子がエンジンの主なチェック項目です。

しっかりと掛かるかどうかはもちろんのこと、オイル漏れや異音も査定の金額に影響を及ぼします。エンジンが掛からない場合、不動車の扱いになってしまいますが、中には問題を解決することで再び掛かるケースも珍しくありません。

そのため、もし所有しているバイクのエンジンが掛からない時は、専門の技術と知識を持ったスタッフがいる業者に査定を依頼することが大切です。

傷や凹みを含む外装や足回り

エンジンと共に重要な査定のポイントとなるのが傷や凹みを含むバイクの状態です。バイクの買取は一般的に新品の状態に近いほど高い値段が付きやすく、走行距離が少ないのはもちろんのこと、外装が綺麗であるほど査定額がプラスに働きます。

こうした理由から、査定に出す前に少しでも状態を良くしようと自分で修理をしてしまう人も少なくありません。しかし、バイクの査定においてこの事前の修理は価格に反映されないので注意が必要です。つまり、傷や凹みの修理に10万円の費用が掛かったことをスタッフに伝えても、査定の金額に修理費用の10万円が上乗せされることはありません。

もちろん見た目が良くなれば金額は高くなりますが、期待できるのは数万円程度が実情です。そのため、多少の傷程度ならそのままの状態で査定に出す方が良い結果に繋がります。その他にも、サスペンションやタイヤのホイールなど使用に伴って消耗が激しくなりやすい部分も金額に影響が出るので、日頃からしっかりとメンテナンスをしておくことが大切です。

⇒明石でバイクを高く買取ってもらうコツと方法

処分する時期を見極める

バイクの買取には1年の中で最適と呼ばれる時期がいくつかあります。その中でも、特におすすめなのが1~3月です。4月は多くの人が新生活を始める時期で、このタイミングに合わせてバイクを購入する人も少なくありません。

業者はこの4月の繁忙期に備えて多くの在庫を確保するために1~3月に買取を強化する傾向にあります。これにより、他の時期に比べて査定の金額が高くなりやすいのがおすすめとされる理由です。また、業者の中には、年明けから始まる在庫の確保に備えて早めに動き出す所もあることから、1~3月ほどではありませんが、10~12月辺りも狙い目と言えます。

これら2つの時期は交渉による値段の吊り上げもしやすいので、バイクを買取に出す時はこのタイミングが最適です。

税金の支払いに注意をする

バイクの処分をする時に忘れてはいけないのが税金の支払いです。排気量によって金額は異なりますが、バイクを所有する場合には、軽自動車税と呼ばれる税金の支払いが義務付けられています。軽自動車税は毎年4月1日時点での所有の有無によって課税が決まる仕組みとなっているので、3月31日までに処分をしておけば課税対象となりません。

前述したバイクの査定額が高くなりやすい1~3月での処分を考えている人の中には、うっかりタイミングを逃して4月に入ってしまって税金を支払う羽目になったというケースも多くあります。こうした失敗をしないためにも、日にちを確認して課税の対象になる前に処分をすることが大切です。